fc2ブログ

視覚障害を有する准教授への変更命令の有効性


(考察)
今回の判例については、障害者に対する合理的配慮が大きく左右していると思われる。今後の対応にも大きく影響すると思われる。
(重要文言)
授業担当を免じる職務変更命令に業務上の必要性が存しない場合やそれが不当な動機・目的を持ってされた場合等、客観的に合理的と認められる理由を欠くときには、当該職務変更命令は権利を濫用するものとして無効
<本件職務変更命令の必要性>
授業内容改善のための各種取組などによる授業内容の改善
補佐員による視覚補助により解決可能なもの
必要性としては十分とはいえず
Xの研究の自由、機会を完全に奪うもの
永続的に授業を担当させないことを前提とするもの

Xに著しい不利益を与えるもので、
客観的に合理的と認められる理由を欠く
権利の濫用であり無効

<障害者に対する合理的配慮>
視覚補助の在り方をどのように改善すれば学生の問題行動を防止することができるのか
所属する学科全体で検討・模索することが、望ましい

(事件概要)
Y学園が設置するJ短期大学に准教授として雇用されていた原告Xが、
授業を担当させず学科事務のみを担当させる旨を職務変更命令及びそれに伴う研究室の変更命令を違法無効なものであるとして、
上記各変更命令に従う義務のない事の確認を求める
当該職務変更命令はXに対するパワハラとしての不法行為であるとして、
慰謝料500万円の支払いなどを求めた。

遺伝性疾患である網膜色素変性症が進行して文字の判断が困難となったため、XはBによる視覚補助を得て授業活動及び研究活動に従事

(判決)
本件職務変更命令は教員が行うべき本来的職務のうち、担当授業を免じて研究および学科事務に集中させることを内容とするもの
教員の本来的職務とは異質の負担を新たにかけるものでもなく、
何ら減給などの不利益を伴うものでもない
本件職務変更命令は配転命令であってXの同意がない限り効力を有しないとするXの主張は採用できない。
スポンサーサイト



転任命令の相当性


(考察)
配転命令については、様々な意見が多いが、異動の重要性と甘受すべき不利益とのバランスが重要な気がする判例であると思われる。

(重要文言)
<転任命令>
転任命令は、権利義務を形成し又はその範囲を確定する行為

これまでの業務とは相当の差異がある。
その職務内容の変更は異動に伴い当然に甘受すべきである事実上の不利益にとどまるとは到底評価することができない。
本件転任命令を取り消すことによる法律上の利益があると認めるのが相当

(事件概要)
Xは、平成3年4月1日に交通局に入局
交通局長は、同年5月2日付で、交通局の職員に対し、入れ墨の有無などに関するアンケート調査を実施
Xが回答期限経過後も回答しなかった
同年7月13日付で、同月27日までに回答するよう職務命令
Xは、「交通局長に対し、本件職務命令は思想及び良心の自由、沈黙の自由を侵すものであり回答を拒否する」書面を送付
Xに対し、本件省務命令違反は地公法29条1項各号の懲戒事由に該当
戒告処分を行った。

Xは同年12月11日付で、運輸課勤務を命ずる旨の辞令を受けた。

(判決)
本件転任命令には裁量権の逸脱・濫用があると認められ、違法であるから、本件取り消し請求は理由がある。
本件に現れた一切の事情を総合考慮すれば、本件転任命令によりXが受けた精神的苦痛を慰謝するための慰謝料の額は100万円
Y市の行為と相当因果関係のある弁護士費用は10万円と認めるのが相当

配転命令の正当性


(重要文言)
本件各命令は、業務上の必要性に乏しく、
安全配慮義務を尽くそうとすることなく発せられたものとして違法との評価を免れず
実質的にはXの労務提供の受領を拒絶する状態が継続しているものと解するのが相当
Xは、命令に従う義務はなく、労務を提供できないのは、Yの責めに帰すべき事由による履行不能と認められる。
<Yの各主張が退けられた>
① Xやその主治医がYに対して要求する配慮の内容は、Yに無理を強いるもの
② これに対応する義務はなく、また、XはYにおける講義を自ら断っていたにすぎない
③ Xの長女の自殺が中学時代のいじめ問題に起因することをYが認めない限り復職できないというのは筋違いの主張

(事件概要)
20年3月12日 適応障害と不眠症の症状が続いていた。
21年2月6日 Xの自宅待機命令を解き
3月31日付 資格支援講座担当及び研究室待機を命じた。→ 本件各命令で命じられた業務に就かなかった。
23年1月以降 Xの基本給を定期昇給させなかった。
24年4月以降 Xに対する給与の支払いを停止

(訴え)
① Y学園の業務命令に従った労務をXが提供できなかったのは、Yの責めに帰すべき事由によるものであると主張
民法536条2項に基づき、平成24年4月分以降の給与および賞与等の支払いを求め
② Yが23年1月分給与からXを定期昇給させなかったのは不当であると主張
定期昇給後の基本給との差額等の支払いを求め
③ Yが22年度夏季一時金以降の賞与を不当に減額したと主張
雇用契約に基づき、本来の賞与額との差額等の支払いを求めた。

希望退職の応募を拒否した従業員らに対する出向命令の有効性

(重要文言)
使用者が労働者に出向を命ずるにあたっては、当該労働者の同意その他出向命令を法律上正当とする明確な根拠を要する

<出向命令権>
次より、訴外F社が出向先として予定されていることなども合わせ鑑みれば、
労働者の個別の同意に代わる明確なかつ合理的な根拠がある。

就業規則 :異動(出向を含む)を命ずる場合がある旨の定め
国内派遣社員規定 :出向先における労働条件および処遇について配慮する内容の規定が設けられ
職種や職務内容 :特段の限定がない
誓約書 :入社に際し、就業規則その他服務に関する諸規定を遵守し人事異動命令に従う事などを約束する

出向命令権の行使が権利濫用に当たる場合には、出向命令は無効

<権利濫用に当たるか否かの判断>
① 出向を命ずる業務上の必要性、
② 人選の合理性、
③ 出向者である労働者に与える職業上又は生活上の不利益、
④ 当該出向命令に至る動機・目的など
を勘案して判断

出向命令が人事権の濫用に当たるとしても、そのことから直ちに当該出向命令が不法行為に該当するわけではない

<不法行為該当性の有無>
当該出向命令の内容
発令に至る経緯
労働者が被る不利益の内容及び程度など

<差止請求>
差止請求権(さしとめせいきゅうけん)とは、ある者が現に違法または不当な行為を行っている場合や行うおそれがある場合において、当該行為をやめるよう請求(差止請求)する権利をいう。各法令に規定のあるもののほか、解釈上認められるものもある。

その前提として、行為が反復継続し、今後もこれが継続するおそれがあることをその要件とする


(事件概要)
平成23年5月26日 各部門に対し、一律に6%の割合で余剰人員を選定
X1、X2を含む1614名が選ばれた。
平成23年7月13,14日 本件希望退職に応じるよう勧奨

面談後、X1は2回、X2は3回にわたり、勧奨されたが、いずれも断った。
平成23年9月10日 出向命令

(訴え)
業務上の必要性及び人選の合理性を欠きXらに著しい不利益を与えるものであるうえ、
Xらに自主退職を促す不当な動機・目的に基づくものである
出向命令権の濫用として無効
① 本件出向命令に基づく出向先において勤務する労働契約上の義務が存在しないことの確認
② Xらへの退職強要行為又は退職に追い込むような精神的圧迫に差し止め
③ 労働契約上の信義誠実義務違反及び不法行為に基づく損害賠償請求として、Xらに対しそれぞれ220万円および遅延損害金の支払い

(判決)
① F社における作業は立ち仕事や単純作業が中心
② それまで一貫してデスクワークに従事してきたXらのキャリアや年齢に配慮した異動とは言い難く
③ 身体的にも精神的にも負担が大きい業務であることが推察
④ 退職勧奨を断ったXらが翻意し、自主退職に踏み切ることを期待して行われたもの
⑤ 人選の合理性(対象人数、人選基準、人選目的など)を認めることもできない

出向命令は、人事権の濫用として無効

退職勧奨は、やや執拗な退職勧奨であったことは否めないが、
説得活動として社会通念上相当と認められる範囲の正当な業務行為であったというべきであり
不法行為には当たらない

B及びCによる面談以外の場で、Xらに対し、退職勧奨が行われた事実はないとして、Xrなお請求を棄却

違法な配転命令に対する無効確認

平成25年11月21日、やっと色々と落ち着き、今日からまたまた再開します。
よろしくお願いいたします。


(ポイント)
配転命令 :長期間(本判決は20年)にわたり、問題視していないと難しい
賞与請求権 :支給すべき金額を定めることにより初めて具体的権利として発生するものと解される。しかし、不法行為に基づく損害賠償請求として支払う可能性がある。


(これまでの判決の引用)
配転命令 :業務上の必要性がない場合または業務上の必要性がある場合でも不当な動機・目的を持ってされたものである時もしくは労働者に対し通常甘受すべき程度を著しく超える不利益を負わせるものである時など、特段の事情のある場合でない限りは、権利の濫用にならない。

(判決)
① 配転命令 :必要性とは別個の不当な動機および目的によるものということができ、権利の濫用として無効
A) Yは長期間(20年程度)にわたりXの業務成績を問題視していなかったのであるから、本件配転命令当時、Xは総合職としての適性および能力を欠いていなかったものとされる。
B) 退職勧奨を拒否したことに対する報復として退職に追い込むため
C) または合理性に乏しい大幅な賃金の減額(2分の1以下)を正当化するためと推認

② 配転命令および降格命令に伴う賃金減額の無効
降格命令は、権利の濫用として無効
平成23年2月以降分の賃金差額についての支払いを命じた。
賞与の請求権は、現実の支給額である7万円を上回る額の支給を決定したことを認めるに足りる証拠はないとして、支払い請求が棄却

A) 降格命令の前提となる配転命令が権利の濫用として無効
B) 従前YはXの総合職としての適性を問題したことはない。
C) 本件配転命令に伴って突然に降格命令

③ 不法行為に基づく損害賠償請求
慰謝料(50万円)の支払いが命じられた。
賞与査定は民法709条の不法行為を構成する。
損害額は、仮に総合職として正当に考課査定を受けたならば、基準額に業績係数および「査定係数の下限値である0.6」を乗じた金額を算出
社長により調整がなされることを考慮して、算出額に8割を乗じた額

降格命令
A) 配転命令は、社会的相当性を逸脱した嫌がらせ
B) 人格権を侵害するものであって民法709条の不法行為を構成する。

賞与
A) 総合職ではなく、運搬職として賞与額の決定をしたこと
B) 使用者としての裁量権の範囲を逸脱したもの

民法709条(不法行為による損害賠償) :故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。
プロフィール

roumutaka

Author:roumutaka
毎日、2時間以上の勉強を欠かさず、一歩ずつでも前進致します。
顧問先様への新しい情報の発信及び、提案の努力を怠りません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる